結婚相談所で自分の理想を晴れて実現|ブライダルしま専科

赤い糸

出会いの数を増やす

一対

結婚相手を見つけるためには、まずは異性との出会いがある場に行く必要がある。合コンや結婚相談所などは、非常にわかりやすい例である。ただ、両者を比較すると、結婚相談所の方がより結婚の意志がある異性と出会う確率が高まる。なぜなら、相談所への登録には、入会金、活動費、月額費などが必要となるからである。登録時にかかる費用は10万円にものぼるケースもあるので、合コンよりも真剣に結婚相手を探している人が多いと考えられる。

この他の手段として、お見合いパーティーに参加する、サークルに参加する、誰かに紹介してもらうという方法がある。仮に異性との出会いがあっても、相手が結婚できる環境にないと結婚に至らないケースもある。
つまり、好みの容姿かだけでなく、相手の収入もある程度は考慮して相手を探さないといけないのである。

ずっと同じ環境にいると、知り合える異性の数も限定されてしまうのである。例えば、女性が多い職場で働いているのと、男性が多い職場で働いているのとでは出会いの数に差が生まれる。
また、休日は家に閉じこもっているよりも、用事を作って積極的に出かける方が出会いの確率は向上する。用事というのも、習い事であったり、趣味であったり、異性との出会いにつながるような用事を作る必要がある。

自然な出会いを待つよりも、積極的に婚活をした方が結婚につながりやすいと言える。いい出会いがあった時のために、エステに行ったり、ジムに通ったりして外見的魅力を高めておくことも婚活のうちである。
また、結婚後の生活のために、料理教室などに通っておくのも魅力を高めるための行動の一つであると言える。